Pocket

栄養豊富な青汁は、栄養補給だけではなくて、便秘の改善やダイエットなど、様々なことに役立ちます。
そして、青汁はコレステロール値を下げることにも、一役買うことができることをご存知ですか。
ここでは、青汁でコレステロール値を、本当に下げることができるのか、解説していきたいと思います。

コレステロールって何?

コレステロールといえば体に悪いもの、とこれくらいの認識でいる人もいるのではないでしょうか。
もう少し踏み込んで、悪玉コレステロールがいけないものだと認識している人も、多いかもしれませんね。
ですが、どちらも正解とは言えませんから、まずはコレステロールについて話をしていきます。

コレステロールとは、脂肪分の1つです。
脂肪=敵と考えている人も多いとは思いますが、細胞膜や性ホルモン、副腎皮質ホルモン、胆汁などの材料になる、体に欠かせないものでもあります。
コレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)があることは聞いたことがあるかと思います。

正確にはHDLとLDLはコレステロールを運ぶリポたんぱく質と呼ばれるもので、HDLは全身の細胞から余ったコレステロールを回収して、肝臓に戻す役割持っています。
逆にLDLは、肝臓から各細胞にコレステロールを運ぶ役割を担っています。
LDLが悪玉と呼ばれるのは、LDLが多くなるとコレステロールが運ばれるばかりで回収されず、血中にコレステロールが取り残されて、動脈硬化につながるからだと考えられます。

ですが、すでに述べた通りコレステロールにも役割はあり、LDLはそれを全身に運んでくれるものですから、LDLが少なければ体に不調が現れます。
具体的には、血管が細くなって脳出血を引き起こすほか、精神的に不安定になったり、免疫力が低下したりと、低ければいいというものではありません。

とは言え、日本人はもともと野菜・魚類中心の食生活を食っていましたから、コレステロールが低かったのですが、食の欧米化により普通に生活していてもコレステロール値が高くなるリスクがあります。
そのため、出来るだけ悪玉コレステロールが少なくなるような、生活を送ったほうが良いと言われるわけです。

青汁はコレステロールを下げてくれるのか

では、青汁が実際にコレステロールを下げてくれるかですが、実は様々な面からコレステロールを減らしてくれることがわかっています。
まず有名なものが、食物繊維、特に水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は、水に溶けるとゲル状となり、脂質や糖質を絡めとり、そのまま輩出してくれます。

コレステロールは脂質ですから、体に溜まることを防いでくれているわけですね。
青汁には、食物繊維を豊富に含んでいるものが多いですから、コレステロール対策にはもってこいです。

2つ目にビタミンCですが、これはコレステロールを、胆汁酸に変えてくれます。
胆汁酸は、脂肪を溶かしてくれる他、血液から体外に排出されるものですから、コレステロールを減らすことが出ます。
逆にビタミンCが少ないと、どんどんコレステロールが蓄積してしまうことになりますから、注意が必要です。

3つ目、コレステロールは酸化して、過酸化脂質になることで、動脈硬化を引き起こしますが、酸化したコレステロールを取り除いてくれるのが、ビタミンEです。
さらに、酸化させる原因である、活性酸素から細胞膜を守ってくれます。
同じようなものに、大麦若葉や明日葉に含まれている、SOD酵素というものもありますから、注目してみてください。

4つ目に植物の緑色のもとでもある葉緑素、クロロフィルです。
抗酸化作用がありますから、活性酸素を除去して、コレステロールの酸化を防ぎます。
それから、食物繊維では取り除けなかった、細かな資質や糖質の吸収を抑えてくれる働きも持っています。

青汁で血糖値の上昇を抑えてコレステロールの吸収を防ぐ?

コレステロールは脂質の1種である話はしました。
では、脂質の吸収を抑えることができれば、それに従ってコレステロールを抑えることもできますよね。
脂質の吸収を抑える方法は、いくつもあるとは思いますが、有名なものが血糖値の上昇を抑えることです。

そこで、血糖値を抑えてくれるものを、2つ紹介します。
1つ目が、先ほども紹介した食物繊維です。
血糖値が上昇するということは、血液中の糖分が上昇することです。

食事をすると、糖が体に入り、吸収されますから血糖値が上昇するのは、言うまでもありません。
食物繊維は、その糖質を絡めとってくれるうえ、胃腸の中をゆっくりと移動するので、糖質の吸収を緩やかにしてくれます。
特に食事前に食物繊維をとっておくことで、高い血糖値上昇の抑制効果を発揮してくれます。

もう1つが、明日葉に含まれているポリフェノールのカルコンです。
脂肪細胞からはアディポネクチンと呼ばれるホルモンが分泌されるのですが、カルコンはこれをほかの食材と比べて、3~4倍も増やしてくれるのだと言います。
アディポネクチンは、血糖値を下げてくれるほか、もろくなった血管を修復するなどの効果も持っています。

ただし、脂肪細胞から分泌されているからと、体脂肪を増やしたらたくさん分泌されるというものでもありません。
むしろ、分泌量が減ってしまいますから、これだけは勘違いしないようにしてください。

コレステロール値を下げるために青汁を飲もうと考えている人は、何も考えずに青汁を選ぶのではなくて、成分や原材料を見て、これまでに紹介したものが入っているかを確認してから買うようにしてください。

青汁だけでコレステロールを下げるのは大変かも?

青汁を使って健康を維持、増進させようとする人にありがちなのですが、青汁にすべてを任せてしまうのは良くありません。
コレステロール値を下げようとして、青汁を日々の生活の中に取り入れることで、期待した効果は得られるでしょう。
しかし、青汁を飲むということは、食事を改善することとほとんど変わりません。

食事を見直すことで、ある程度効果は認められるとは思いますが、毎日続けたうえで、長い期間をかけないと目に見えて大きな効果は得られないですよね。
青汁もそれとあまり変わらないわけです。
ですから、ずっと青汁を続けて行けるだけの、経済力が必要になります。

続けられる値段の青汁を買うようにしたほうが良い、とも言えますね。
それから、青汁を飲むようにすると同時に、適度な運動を始めることをおすすめします。
そのほうが、短期間でコレステロールを下げることができるでしょうし、続けていく中で、より早く数値としても現れるでしょう。

やはり、目に見える結果があったほうが、モチベーションにもつながるのではないでしょうか。

青汁を続けてコレステロールを正常値に!

ここまで話してきた通り、青汁を飲むことで、コレステロールを下げることができます。
ですが、既述した通り、すぐに効果を現すものでもありません。
ですから、青汁でコレステロール対策をするときには、青汁の特徴を調べたうえで実行したいですね。