Pocket

特に体重の気になる女性だと、中性脂肪といえば親の仇のように感じるのではないでしょうか。
多くの人が中性脂肪をどうにかしたいと、考えているのは間違いないでしょう。
ですが、日々の生活の中で、なかなか行動を起こせない、そんなときには、青汁に頼ってみるのはどうでしょうか。少しは効果が出るかもしれませんよ。

そもそも中性脂肪とは何だろう?

中性脂肪という言葉を聞いたことがあっても、中性脂肪が何かといわれたら、詳しくはわからないのではないでしょうか。
中性脂肪とは、脂肪酸とグリセリンが結びついて中性を示しているもので、グリセリン脂肪酸エステルとも呼ばれるそうです。
このグリセリン脂肪酸エステルには、モノグリセリド・ジグリセリド・トリグリセリドが存在していて、中でも血中に含まれるほとんどがトリグリセリドであるため、トリグリセリド=中性脂肪とされることも多いです。

ですが、こういわれても、何が何だかわからないでしょう。
ですから、もっと別の言い方をしてみます。人は食事をすることで、エネルギーを摂りますが、すべては使われず余ってしまいます。
その余ったエネルギーが中性脂肪になるわけです。

造られた中性脂肪は、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられるか、血液中に流れていきます。
内臓脂肪や皮下脂肪がいわゆる体脂肪ですから、中性脂肪増えれば太ります。
また、血中の中性脂肪が増えすぎると、動脈硬化の原因にもなるそうです。
体脂肪ですが、そのほとんどが中性脂肪で、衝撃から体を守る役割や体温を一定に保つ役割もありますから、全くないのもまた、問題になります。

中性脂肪が増える理由ですが、その多くが暴飲暴食や運動不足だと言われています。
また、アルコールの過剰摂取でも、中性脂肪は増えるようですから、お酒が好きだという人は注意が必要です。

青汁で中性脂肪対策ができるの?

中性脂肪については、なんとなくわかったかと思いますが、では青汁が中性脂肪に良いのかという話になってきますよね。
健康診断に行ったときに、中性脂肪は数値として現れますが、青汁を飲んだからといって次の瞬間には数値が下がるといった、劇的な効果は期待できません。
これに関しては、薬ではありませんから、当たり前ではありますね。

ですが、中性脂肪が蓄積されるのを防ぐや、少しずつ減らしていくという点では、青汁は役に立つといえるでしょう。
たくさんの栄養素が入っている青汁は、中性脂肪に効果があるといっても、いくつもの作用がありますから、1つずつ確認していってみましょう。

1つ目が、豊富に含まれている食物繊維の力によるものです。
食物繊維とは、体で消化・吸収されない繊維質ですから、正確には栄養素とは言えないかもしれません。
ですが、消化・吸収されないことで、腸にまで届いて、掃除をしてくれるというのは、有名な話ではないでしょうか。

その食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があるのですが、特に水溶性食物繊維が脂肪を吸収しにくくしてくれる作用があります。
具体的には、脂肪分などを腸内で巻き込んで、そのまま体外に排出してくれるそうです。
不溶性食物繊維の場合には、胆汁酸を取り込んで排出されます。

胆汁酸は油を吸収しやすくするために使われるものですから、間接的に油の吸収を抑えてくれていると見ることもできますね。
また、胆汁酸はコレステロールから作られています。
食物繊維と一緒に体外に排出された場合、足りなくなった胆汁酸を作り出すのに、コレステロールを使いますから、コレステロール値を下げる役割も果たしてくれます。

2つ目が明日葉です。ケールや大麦若葉と並んで、青汁のメインとしてよく使われる植物で、古くから薬用として使われていたそうです。
明日葉特有の成分として、ポリフェノールの1種である「カルコン」が、中性脂肪対策に役立ちます。
カルコンは、肝臓の脂質の分解を促進することができるのですが、それはつまり体内に脂肪がたまるのを防いでくれているわけです。

研究としても結果が残っていますから、より信頼性のある情報だといえるでしょう。
加えて、カルコンと同じく明日葉にはポリフェノールの「クマリン」が含まれています。
クマリンには、血液を固まりにくく作用があるので、中性脂肪が多いと発症しやすい動脈硬化を予防する働きもしてくれます。

明日葉の効果を得たい場合には、当然明日葉が入っている青汁を選ぶ必要がありますから、そこは注意してください。
できれば、メインが明日葉だけのものを選ぶと、効果的ではないでしょうか。

3つ目に、明日葉以上に青汁を選びますが、「桑の葉」が入っているものも、中性脂肪に効果があります。
桑の葉のポリフェノールは、中性脂肪の合成を抑えてくれるほか、中性脂肪の分解・燃焼を促してくれるそうです。
加えて、「1-デオキシノジリマイシン」(DNJ)と呼ばれる成分も入っています。

DNJは、糖の吸収を緩やかにしてくれるのですが、糖の吸収が緩やかになれば、血糖値の上昇が抑えられます。血糖値が上昇すると、脂肪の合成の役割も果たしている、インスリンを大量に分泌させますから、血糖値の上昇を抑えることができれば、それだけで中性脂肪の吸収を妨げてくれるでしょう。

中性脂肪を放っておくとどうなるのか

中性脂肪が増えると動脈硬化になるという話は、すでにしましたよね。
ですが、中性脂肪が高い状態を放っておくと、他にも体に不調をきたす恐れがあります。
まず、中性脂肪が一定値を超えてしまうと、悪玉コレステロールを増やすと言われています。

悪玉コレステロールは、血管壁の傷に付着して、どんどんと血管を補足して血管を細くします。これが、動脈硬化の原因になりますから、中性脂肪の増加は、正確には動脈硬化の間接的な要因です。
そして、中性脂肪と悪玉コレステロールが増えると、血中脂肪が基準値から外れる病気の「脂質異常症」と診断されるかもしれません。

脂質異常症が進むと、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝になります。
脂肪肝は、以前は軽い病気だと思われていたそうですが、現在では肝硬変や肝臓癌につながるとリスクがあることがわかっているそうです。

脂肪肝と同じく、動脈硬化も放っておくと、より質の悪いものに進行してしまうかもしれません。
例えば、心筋梗塞や、脳梗塞、心不全。あとは、くも膜下出血などですね。
肝硬変が脳の血管なら、脳梗塞になりますし、心臓につながる血管であれば心筋梗塞です。

見てもらえばわかる通り、命の危険もあるものばかりですから、青汁でできるだけ予防したいですね。

青汁で中性脂肪を減らして行こう!

青汁で中性脂肪を減らし、同時に悪玉コレステロールも減らすことはできます。
ですが、基本的には、そんなに大きな効果は得られず、徐々に解決していくものです。
日々の生活の中で、1杯飲むだけで良いわけですから、手軽に中性脂肪を抑えることはできるのではないでしょうか。